スケジュール | 技術部会の構成 | 新素材技術部会 | 電子情報技術部会 | 先端化学技術部会 | ライフサイエンス技術部会
  
先端化学技術部会
高選択性反応分科会
コンピュータケミストリ分科会
触媒材料WG
高分子WS
次世代CC WS
高分子WG


高選択性反応分科会

化学分野の重要研究課題、革新的触媒や革新的プロセスの芽などを調査し、 支援して行くとの方針に基づいて活動しています。活動の背景として、 環境負荷低減(廃棄物排出量削減、有害物質の排出量削減、省エネ、など)を 常に意識して取り組みます。

・調査報告書(会員専用)
 「高選択的反応場設計のための新規触媒材料」 調査報告書 (631kb)

・触媒材料ワーキンググループ活動
近年開発が盛んな種々の新規材料(ナノ材料を含む)が触媒反応の分野に対して どのような可能性(反応場構築、触媒担体として)を秘めているかを中心に 調査活動を行っております。第2期として、新しい材料を活用した新しい 触媒反応の可能性を見出してゆきます。 調査活動を深めるために、講演の 招聘だけでなく、関係機関に積極的に出向いて議論を深める予定です。

 コンピュータケミストリ分科会

材料設計へのコンピュータケミストリの応用方法について調査・研究する ことを方針に置いて活動しています。 活動の視点を a.計算化学を企業の研究開発にどう役立てるか、b.計算化学は 産学官の力を結集して これからの日本の化学産業にどう貢献できるか、に置きます。 各企業の技術レベルの向上のため、具体的な課題を設定し、実際に計算・解析する ワークショップ(高分子ワークショップ、次世代ワークショップ)を活動を 継続して行います。 特に高分子ワークショップでの「ソフトマテリアル統合 シミュレータOCTAの活用研究」の研究会活動に重点をおきます。 さらに 今年度の新しい取り組みとして、分科会のワークショップの位置づけで、 有志メンバーがNAREGI プロジェクトに参加しRISM法の応用研究を開始します。